毎日のように驚かされる出来事を誰かに言いたくて(笑)
(No663) 両国記 ~江戸東京博物館その1~
2015年02月02日 (月) | 編集 |
What's up


本日は回向院 その3の続きです


回向院を後にした私達は


両国国技館に向かったのですが


途中、友人にこの後の予定を聞くと





力士の入待ちをするとの事


正直興味がなかった私は再び友人と


別行動を取る事にしました


そんな私が向かった先はコチラ






▲江戸東京博物館


後を振り返ると


あまり見る事はないと思われる



▲両国国技館の後


ここなら国技館も近いし


時間も潰せると思い我ながら


良いアイデアだぁあと思いました


ところで・・・


江戸東京って意味が重複して


いるような気がしてならないのは


私だけでしょうか





ちっぽけな疑問を抱きつつ


中に入ってみると


物凄く大きくて立派な



▲羽子板


思わず写真を撮ってしまったのですが





近くにいた外国人も


What a beautiful it is!!
(なんてステキなんでしょう!)


と感嘆な声を上げていました


そしてチケットを購入して


いざ博物館へ



▲入口


実際のところ沢山の展示物が


所狭しと陳列されていたので


今回は気になったものや


面白かったものを中心に


ご紹介していきたいと思います


先ずは


将軍の都と呼ばれるスポットで



▲徳川家康


が江戸幕府を開いてからの


江戸城を中心とした街並みなどを


知る事が出来ました


例えば・・・


世紀頃の


三代将軍 徳川家光の時代の



▲江戸図屏風


全てを写真に収める事は


出来ませんでしたが


豪華な大名屋敷の門や


人々が賑やかに行き交う様子が


描かれておりました





そうそう


こちらの木像についての記事


覚えていますか






▲徳川家康木像


レプリカではありますが


家康公が生前に作らせた


等身大と言われている木像を


ようやく見る事が出来ました





それから幕府を開いた時に


武家を統制するために定めた法令



▲武家諸法度(ぶけしょはっと)


ちょっと見辛いかもしれませんが


昔の人は字が凄くキレイですよね


でも現代人には読めないので



▲現代語訳


がキチンと書かれておりました


読んでみると結構興味深く


幕府がいかに強固なものだったか


伺い知る事が出来ました





先ほどご紹介した


徳川家康木像に続いて


増上寺の記事にも書いた



▲火消の図


ただこの絵に出てくるのは


め組ではなく千組だそうです


当時火消は四八組もいたそうで


以前紹介しため組は


現在の港区辺りの管轄で


この絵に描かれた千組は


現在の中央区辺りの


管轄だったみたいですよ





絵の裏側には


実際に火消が着ていた衣装


現代で言うところの



▲火消の制服


が展示されていましたが


現代の火に近づいても大丈夫な


熱に強い防火服がないうえ


火事と喧嘩は江戸の花と


例えられるぐらい火事が


多かった江戸時代は命懸けの


消火活動だったんでしょうね





他にも時代劇を見た事がある人なら


誰でも知っているであろう


この桜吹雪が目に入らぬかぁ記号





の台詞でお馴染みの


遠山金さんこと遠山金四郎の



▲起証文(きしょうもん)


なるものがありました


ですが起証文と言われても


大の大人ですら





と来る人は


いないのではないでしょうか


なので必ずと言っていいほど


どの展示物にも


こんな風に解説が書かれています






▲クリックすると大きい画像が見れます


思わず





と、声に出したくなるような


内容だったりするので


大人も子供も楽しめます


同じく時代劇には欠かせない



▲町方与力の十手
(まちかたよりきのじって)


ちなみに・・・


町方与力とは役職の事だそうで


町奉行の下で江戸の町を


取り締まっていた人達の事を


指すそうですが


江戸と大阪では町方与力の


役割内容が違ったみたいです


詳細は割愛させて頂きますが


十手一つにしても


色々背景があるんですね








忘れちゃいけないコチラの



▲看板


どこの看板か皆さん分かりますか





で、お馴染みの


越後屋の看板でした


でも越後屋って元々は


三越百貨店の屋号ですよね


正直こんなイメージで


いいんでしょうか





こうして人の波を掻き分けながら


まだまだ博物館探索は続きます


今日の一言


『遠山 金さん痔持ち 馬乗れず


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
イメージが~(; ̄ー ̄A
みなりなさん、こんばんは(*^.^*)

力士の出待ちをするよりずっと楽しそうな博物館ですね(笑)
それに確かに江戸東京博物館って…^-^;
江戸と現代の東京が分かる的な意味合いとか?(笑)

それにしても遠山の金さんにしても越後屋にしてもイメージが~(; ̄ー ̄A

遠山の金さんに至っては、子供の頃から好きでよく見ていたので、まさか痔だったとは…(笑)
ま~さすがにテレビでは出せないとは思いますけど…^-^;
それに越後屋の名セリフが悪代官ですもんね~(笑)
とても三越の屋号とは思えませんね(笑)
でもこのギャップがまた楽しそうです♪

次はどんなギャップがあるのか楽しみですね~ヽ(*´▽)ノ♪
2015/02/02(Mon) 23:02 | URL  | 京風 #-[ 編集]
大岡越前も同じ病で、苦しんだそうですよ~

他の展示物も、
なかなか奥が深いようですね!
2015/02/02(Mon) 23:38 | URL  | micia #-[ 編集]
はじめまして。

江戸東京博物館…たしかに重複してますね。
3つ重複してる「京都府」ほどじゃありませんが(笑)
2015/02/03(Tue) 08:30 | URL  | gcmm papa #-[ 編集]
京風さんへ
京風さん、こんばんは(*^.^*)
無知で恥ずかしいのですが、横綱さえ
誰だか分からなかったので出待ちなんて
私の中では、ありえなかったです(^o^;)

遠山金さんがまさか痔だったなんて
思わずマジで((゚□゚;))って声に出して
しまいました笑っ

越後屋お主も悪よのぅ
本当によく聞くセリフですが
三越はコマーシャルフィーを取っているのか
ある意味気になりますよね(^ー^;A
2015/02/03(Tue) 21:48 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
miciaさんへ
えぇ!Σ(*゚д゚ノ)ノ
大岡越前も同じ病だったんですか?
知らなかったです(◎-◎;)
江戸時代の現代病だったんですかね?
うわー気になります笑っ
2015/02/03(Tue) 21:51 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
gcmm papaさんへ
初めまして&コメント
ありがとうございます(*^^*)
そして毎回、読み&ポチ逃げ
してしまいスミマセンm(__)m

確かに京都と重複していますね!
気付きませんでした(≧▽≦)
2015/02/03(Tue) 21:54 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可