(No657) 両国記 ~回向院その1~
2015-01-26 (月) | 編集 |
What's up


本日はプロローグの続きです


両国駅を後にした私が向かった先は


回向院
(えこういん)


今から約年前の


明暦年、西暦年に


開かれた浄土宗の寺院で


回向院周辺は処刑場だったのは


有名な話ですよね


また、江戸時代に振袖火事と呼ばれる


大火のせいで万人以上の


犠牲者が出てしまったそうなのですが


時の将軍



▲4代 家綱公


の命により


この災害により亡くなられた


身元や身寄りのわからない人々の


亡骸を手厚く葬るようにと


建てられたのが


回向院の始まりなんですって





家綱公は徳川家の中でも


稀に見る良い将軍だったみたいですね


そんな回向院の



▲山門


をくぐると


一際目立つ



▲力塚


明治に入り


両国国技館が建てられるまでは


ここ回向院の境内で


勧進相撲が興行されていたそうです





それが今日の大相撲の起源だそうで


昭和年、西暦年に


大日本相撲協会が歴代相撲年寄の


慰霊の為に建立したんですって


この力塚の隣に建っている



▲聖観世音菩薩立像


先ほどご説明した振袖火事で


亡くなった方達を見守る為に


平成に入って新たに


安置されたんだそうです


そして・・・


ひっそりと建っている



▲木遣塚


特に説明書きも無かったので


分かりませんが


どんな由来があるのでしょうね





ちょっと見辛いかもしれませんが


体の石仏に囲まれた



▲慈母観音像



▲慈母観音像


木遣塚同様


特に説明書きが無かったのですが


名前からして子供を護る観音様と


いったところでしょうか





他にも境内には


江戸時代の浮世絵師



▲鳥居清長碑


というのがありました


鳥居清長の墓は元々


この回向院にあったらしいのですが


回向院が被災・移転を繰り返すなか


失われてしまったものを


現在は慰霊碑という形で


建立したそうです



▲鳥居清長 作


私は浮世絵について


全くもって詳しくないのですが


検索してみると結構ヒットしたので


有名な画家だったみたいです


この碑の向いに建っているのは


宝暦年、西暦年に


建立された



▲塩地蔵


腐食が大分進んでいますが


参詣者は願い事が成就すると


塩を供えたことから塩地蔵と


呼ばれるようになったそうです





ちなみに・・・


東都番中


番目の塩地蔵とあったので


都内に塩地蔵があと体も


あるという事なんでしょうか





この塩地蔵の後には





時代劇によく出てくる


義賊として有名な


あの人のお墓が








答えは次回へと続く・・・


今日の一言


『両国の 相撲の起源は 回向院


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
大相撲の起源
みなりなさん、こんばんは♪

回向院も初めて知りましたけど、その回向院でとられていた相撲が今日の大相撲の起源だったって凄い衝撃的でしたよ!!
明日からまたいろんな人に自慢してしまいそうです(笑)

それにしても時代劇でよく出てくる有名な人のお墓…?
あれかなぁ…これかなぁ…と考えますが、まったく分かりません( ̄▽ ̄;)
次回の答えを楽しみに待つしかありませんね(笑)
2015/01/26(Mon) 23:02 | URL  | 京風 #-[ 編集]
京風さんへ
京風さん、こんばんは♪
回向院周辺は処刑場で有名なのですが
実は私・・・ちょっと前まで
『えこういん』ではなく『かいこういん』
だと思っていました(^^;
父に間違いを指摘され恥をかきました(笑)

私も今回の両国記を書くにあたって
大相撲の起源だった事を知り
京風さん同様驚きました(*^_^*)

ブログを書き始めてから色んな事に
興味を持つようになり調べるのが
楽しくなってしまいました!
そんな楽しみを皆さんと分かち合えたら
嬉しく思います(^_-)-☆
次回の有名人のお墓もCheck it out!
2015/01/26(Mon) 23:57 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可