(No529) 増上寺 その9
2014年08月20日 (水) | 編集 |
What's up


本日は増上寺その8の続きです


増上寺の境内の中にある



▲熊野神社 鳥居


元和年、西暦年に


増上寺第十三世正誉


廓山上人(かくざんしょうにん)が


熊野権現を増上寺鎮守として


東北の鬼門に


勧請したものなんだそうです



▲熊野神社 手水舎


『熊野』は「クマノ」・「ユヤ」と


二通りの呼称があるそうなのですが


ユヤ権現として


親しまれているそうですよ



▲熊野神社


この熊野神社の近くには


享保元年、西暦年頃に


増上寺門前の町火消しで有名だった



▲め組(参考資料)


の殉難者・物故者の供養の為の



▲供養碑


意外と見落としがちな場所にあり


月に訪れた時は


すっかり私も見落としていました





余談ですが・・・


境内での力士と『め組』との大喧嘩は



▲め組の喧嘩(参考資料)


として歌舞伎の題材になるぐらい


有名なんだそうですが


皆さんは





ちょっと話が逸れますが・・・


火事と喧嘩は江戸の華


とはよく言ったもので


過去にも何度か書いていますが


私の母方の親戚はガチの


下町出身の職人一家なので


この言葉がピッタリなんですよ


母も勿論そうですが


喧嘩っ早くて口が悪い


普段はサッパリした性格なくせに


人情厚くて、涙もろい


本物の東京人は本当に忙しい人達です





もっと分かりやすく言うと・・・


映画『男はつらいよ』の



▲寅さん


を思い浮かべて頂けたら


分かりやすいかもしれませんね


私も東京出身ですが


下町出身ではないです


東京と山口のハーフなせいか


標準語しか話せないので


伯父から東京弁も話せない


エセ東京人と言われてます





話しを戻して・・・


境内を一通り見終わった私が


次に向かったのは境内の外にある



▲台徳院霊廟惣門



▲台徳院霊廟惣門


日比谷通り沿いの三田方面にあるので


すぐに分かりますよ


寛永年、西暦年に


代将軍徳川家光公により


造営されたものだそうです


reichomap.jpg
(地図をクリックすると大きい画像が見れます)


また、ここは代将軍徳川秀忠の


霊廟があった所なのだそうですが


芝の徳川家霊廟の中で


最も規模が大きい朱漆塗りの


八脚門なんだそうですよ





左右には金剛力士像の



▲阿形(あぎょう)



▲吽形(うんぎょう)


が安置されています


この門も戦災を免れて現在も残る


貴重な遺構のつなんだそうです


そして今度は歩いて来た道を戻り


三田方面とは真逆の


日比谷方面に歩いて行くと


唐突に立派な門が





と現れるので驚くかもしれません






▲有章院霊廟二天門


ここはかつて代将軍徳川家継の


霊廟があった所なのだそうです


ところが霊廟は例の如く


戦災によって焼失しまったそうです





ただ二天門は幸いにも残り


かつての豪華さを偲ばせていました





また門の由来ですが両脇に



▲広目天



▲多聞天(別名:毘沙門天)


が安置されているので


二天門と言われているそうです





ちなみに・・・


代将軍徳川家宣公


燃えてしまった霊廟前にあった門には


持国天と増長天が祀らていたそうで


門あわせて仏法を守護する


四天王と呼ばれていたそうです


どうせなら四天王をこの目で


拝顔したかったな





この豪華な二天門を通り過ぎ


途中交差点を左に曲がると出てくる



▲旧増上寺御成門


都営三田線の御成門駅の


由来となった門ですが


元々は増上寺の裏門として


建てられたものだそうです


また、将軍が参詣する際に


使用されたので「御成門」と


呼ばれるようになったんだそうです





でも今までご紹介してきた


門に比べると地味です


増上寺からは結構距離があるので


かつての増上寺は徳川家の菩提寺として


その威光を強く放っていた事が


容易に想像出来ますね





実際歩いてみると


なかなかいい運動になりました





そんな訳で(←どんな訳で?)


いよいよ次回が最終回になります


ちゃんと最後まで





いえ、ついて来て下さい


今日の一言


『裏門の 距離で分かる 威光かな


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
東京弁どころか日本語も相手が理解してくれるような話もできない自分は似非日本人?(笑)
当時、増上寺の住職は京都のお寺から来られていて
その方からお数珠と着物?をいただいたことがあります。
2014/08/21(Thu) 06:21 | URL  | 桃内 #-[ 編集]
桃内さんへ
当時がいつの時代を指しているのか
分かりませんが、ブログにも書きましたが
総本山は京都の知恩院らしいので
住職が京都の方でもおかしくないですよね^^
でも数珠はともかく着物は珍しいですね(@_@;)
2014/08/21(Thu) 22:18 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可