(No524) 増上寺 その4
2014年08月15日 (金) | 編集 |
What's up


本日は増上寺その3の続きです


安国殿を出ると左手に



▲西向観音(にしむきかんのん)


と書かれた提灯をぶら下げた


門があります



▲西向観音(にしむきかんのん)


西向観音は子育てと安産の観音様として


祀られているそうです



▲西向観音


この観音様は鎌倉時代に


制作されたものなんだそうですよ





西向観音の門と並んで



▲徳川家霊廟 将軍墓所特別公開


と書かれた門が建っています


門の先には



▲子育て招福地蔵


西向観音像にちなんで


昭和年、西暦年頃から


増え始めたんだそうです


現在は体ぐらい


あるそうです


安国殿と子育て招福地蔵の間の



▲脇道


を通って大殿の裏側に出ると



▲徳川将軍家墓所前


その奥には旧国宝で青銅製の


鋳抜門(いぬきもん)と呼ばれる



▲徳川将軍家墓所入口


六代将軍の徳川家宣公の


宝塔前の『中門』であったものを


移築したんだそうです


ここでも粋な





左右の扉に五個づつの


徳川家家紋である


葵紋を配していましたよ



▲徳川家家紋


扉の両脇には龍が鋳抜かれていました



▲昇り龍


写真だと見辛いかもしれませんが


見事なものでしたよ





せっかくなのでお金を払って


見学をする事にしました


鋳抜門の脇にある別の



▲入口


から中に入ります


中は円を描くように


宝塔が配置されていました



▲参考資料


中は大して広くはありませんが


1つ1つの宝塔が大きいので


ゆったりとした造りになっていました



▲徳川将軍家墓所内様子



▲徳川将軍家墓所内様子



▲徳川将軍家墓所内様子


戦前にあった霊廟は


大殿の南北(左右)に


立ち並んでいたそうですが


reichomap.jpg
(地図をクリックすると大きい画像が見れます)


戦火で焼かれた為


詳細なる学術調査が行なわた後


一か所にまとめられ


現在の形に改葬されたんですって





墓所の中央には当時の



▲霊廟の写真


が紹介されていました


ちなみに旧徳川将軍家霊廟は


御霊屋(おたまや)とも


呼ばれていたんだそうです





という事で・・・


宝塔と当時の霊廟については


後日紹介したいと思います


そうそう


後を振り返ると



▲鋳抜門の裏側


光の加減で


どうしても見辛くなってしまいますが


表側とは違い家紋もなく


シンプルな造りになっていました


ですが扉の両脇には


やはり龍が鋳抜かれていましたよ



▲昇り竜


鋳抜門を背に上を見上げてみると


木々の間から



▲東京タワー


が見えました





何だか墓所にいるような気がせず


不思議な感じでした


今日の一言


『タワー下 静かに眠る 徳川家


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
みなりなさん
こんにちは。
ご無沙汰してました。
増上寺、すっかり堪能しました。
2014/08/16(Sat) 09:52 | URL  | ST Rocker #GK7sQxxU[ 編集]
ST Rockerさんへ
ST Rockerさん、お久しぶりです^^
増上寺ようやく半分ぐらい終わりました(^^;
徳川の歴史に翻弄されつつ頑張ってます!
後編もお楽しみに(^_-)-☆
2014/08/16(Sat) 20:12 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可