(No389) 京都一人旅2 ~二条城その1~
2014-03-02 (日) | 編集 |
What's up


東福寺を出発した私が次に向かったのは


徳川幕府終焉の地


二条城


総面積


東京ドームおよそ個分にも及ぶ


広大な敷地なので暑い中


見学するのも一苦労でした





二条城の表門に該当するのが



▲東大手門


江戸時代前期の


寛文年、西暦年に


造られたものだそうです


屋根は本瓦葺で入母屋造りで


重要文化財に指定されていました


門をくぐると右手には



▲番所


徳川将軍不在の二条城は二条在番と呼ばれ


江戸から派遣された武士によって


警備されていたそうで


その様子が再現されていました



▲番所(左)、東大手門(右)


現在、門番所の遺構は少ないらしく


とっても貴重な建物なんだそうですよ





二の丸御殿の正面にある



▲唐門


寛永年、西暦年に


伏見城から移築されたものと


伝えられているそうです


金と極彩色の彫刻で彩られ


豪華絢爛な桃山文化の気風が伝わり


とっても





この唐門をくぐると


江戸時代の武家風書院造りの



▲二の丸御殿


この二の丸御殿は


六棟で構成されているのですが


例のごとく中は撮影禁止でした





ただ、どうしても紹介したいので


一部資料を使って


先ずは平面図から


ご紹介したいと思います








緑の遠侍の間から


奥に向かって見学しました


大名や客人の控え所と警備の詰所にあてた



▲遠侍(参考資料)


一の間・二の間・三の間


若丸の間・勅使の間の


つに分かれていました


虎と豹の絵が描かれている


上の資料の写真は遠侍二の間で


虎の間とも呼ばれているそうです


豹は


って、そんな細かい疑問に思うのは


私だけでしょうか


二の丸御殿の中で最も格式の高い部屋の



▲大広間一の間・二の間(参考資料)


将軍と大名が公的に


対面するところだそうです





将軍の座る上段の間は


城内の中心となる部屋で


室内の装飾も豪華を


極めたものだそうです



▲大広間一の間・二の間(参考資料)


そうそう


幕末に代将軍


徳川慶喜がこの大広間で


大政奉還を発表したそうです





徳川幕府の幕を閉じた


歴史的な部屋を見る事ができ


感慨深かったです


まさに歴史が動いた瞬間ですよね


そして・・・


将軍が私的な対面や政務を行った



▲黒書院(参考資料)


大広間と同じ書院ですが


一回り小さい為


江戸時代には小広間と


呼ばれていたそうです


残念ながら上記以外の


資料はないのですが他にも


老中と大名が対面した式台の間


大広間と黒書院を繋ぐ蘇鉄の間


将軍が休憩(居間や寝室)に用いた白書院


などがありました


お見せできないのが本当に





ただ、どの部屋も見ごたえは充分あり


各部屋の松や鷹の襖絵を始めとする


障壁画や彫刻は豪華絢爛でしたよ





二の丸御殿内を見学した後は


表に出てお庭を歩きました


今日の一言


『幕末の 終わりを告げた 大広間


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
いよいよ再開ですね^^
まずは二条城♪
ここって、広いですよね~。
暑い中行かれたので、大変だったと思います♪
続き、楽しみにしています^^
2014/03/03(Mon) 12:53 | URL  | ゆきんこ #-[ 編集]
ゆきんこさんへ
お待たせしました^^
再開希望が日に日に増えてきまして
いい加減重い腰を上げる事にしました(^^;
もう季節感関係なくなってしまっていますが
内容は充実していますので
引き続き楽しんで頂けたら幸いです♪
2014/03/03(Mon) 17:05 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
二条城かあ!^^
もうかれこれ30年以上前に1度敷地内中に足踏み入れたことありますけども、
曖昧な記憶ながらも凄く広ったのは覚えてます!^^ 
ちゃんと見て回った覚えはないし、いつか私もまた訪れてみたいですねえ^-^

徳川慶喜が大政奉還を発表した大広間って生で見れるのならば見てみたいです!
日本の歴史大転換の場ですものね^^y 歴史ロマンだあ~♪
2014/03/03(Mon) 20:57 | URL  | コマソン #JalddpaA[ 編集]
コマソンさんへ
私はアメリカの学校に通っていたので
日本史はあまりよく知らないのですが
学校の勉強だったらと思うと
眠くて仕方なかったはず(^^;
でも、こうして生で歴史の一部を
見ると本当にロマンを感じます!

コマソンさんにもチャンスがあれば
是非とも再度訪れて頂きたいです(^_-)-☆
但し、猛暑日は避けた方が絶対いいです!
もう本当に暑くて死に掛けました(笑)
2014/03/03(Mon) 21:03 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可