(No299) 加賀生麩割烹 神楽坂 前田 レポート
2013-10-25 (金) | 編集 |
What's up


今回は京都編をお休みして


最近の出来事をお送りしたいと思います


以前、何度かブログで紹介していますが


私が所属する秘書会が定期的に


『接待店の食事会』という名目のもと


抽選で秘書の人達を無料招待し


秘書会員の私達が安心して接待などに


利用してもらう為に


店の雰囲気やお料理、接客等を実際に


下見出来る企画なんですよ


現在、約万人の秘書の方が


登録しているそうなのですが


店舗につき


大体名ぐらいしか選ばれないので


当選率は大分低いらしいです


ところが





この接待店の食事会に運良く当選しました





と、いうことで


通常万円ぐらいするフルコースを


ご馳走になってきましたよ





今回当選したお店はコチラ






▲加賀生麩割烹 神楽坂 前田


神楽坂は京都と同じく


一見様お断りのお店が多く





とっても敷居が高いお店が


路地裏に沢山あります


前田は一見様お断りのお店ではないですが


神楽坂の石畳に佇む一軒家の


懐石料理を愉しむお店で


敷居がやはり高いという意味で


お店の存在は知っていても


なかなか行くチャンスが


ありませんでした


せっかくなので皆さんにも


高級料亭で出された料理を紹介します






▲旬菜


この接待店の食事会に当選した秘書の方々は


私を含めて名だったのですが


食べようした時に


自己紹介が始まってしまって


正直、初っ端の料理の味は


全く覚えていません





次ぎに出された



▲吸物


季節柄、松茸が入っていたのですが


香り豊かでとっても美味しかったです



▲造り


私はお刺身が大好きなので


正直、もう少し食べたかったなぁ


でもコースだと


この量が妥当なんですかね



▲焼八寸盛り合わせ


お料理の説明が無かったので


よく分からないのですが


脇に添えられている


味噌を付けて食べるのですが


モチモチした食感で


不思議なお味でしたよ



▲合鴨の治部煮椀


合鴨は噛むほどに旨みがあって


濃厚でコクがありました


ただ味が想像よりも濃かったので


関東風味なんでしょうか



▲強肴


ご覧の通り


焼き魚や手鞠寿司など


色鮮やかな料理が目でも


楽しませてくれています



▲酢の物


そして何故かこのタイミングで


酢の物が出されたのですが


お口直しという事だったんでしょうか



▲玄米茶漬け


玄米茶漬けは玄米の香りが香ばしくて


この時点でお腹が一杯のはずなのに


最後の1粒まで流し込んでしまいました



▲デザート


最後にデザートのフルーツで


締めなのですが


全体的に見た目以上に


ボリュームがあって


性でも十分満足出来る


量だったと思います





何よりも今回集まった秘書メンバーが


性ばかりだったので


まるで





みたいなノリで凄く盛り上がりました


やっぱり料理の味や見た目も大事ですが


楽しい話もかかせないですよね


まあ、接待中は


そんな事気にしてられませんが





お店の下見だけではなく


他の秘書の方々のお話も沢山聞けて





本当に色んな収穫があって


貴重な時間を過ごしました


今日の一言


『神楽坂 高級懐石 舌鼓


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可