(No292) 京都一人旅 ~上賀茂神社その2~
2013-10-16 (水) | 編集 |
What's up


本日は上賀茂神社その1の続きです


細殿の後ろの小川を渡ると


本殿及び権殿の入口となる


鮮やかな朱塗りの


▲楼門と玉橋


が見えてきます


楼門は他の多くの社殿と同様


寛永年、西暦年に


再建されたそうです


手前の玉橋も同様に


重要文化財に指定していされている為


渡る事が禁止されておりました





楼門をくぐる前に・・・


右手の高台にあった



▲摂社 須波神社


上賀茂神社には摂社が


社もあるそうなのですが


そのうちの社です


こんな小さな社に人の神様が


祀られているそうですよ


でも何だか少し窮屈そうな


イメージですよね





そして須波神社の近くにある



▲片山御子神社(片岡社)


片岡社のご祭神は


賀茂玉依姫(かもたまよりひめ)という人で


この姫は上賀茂神社のご祭神である


賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)の


母親なのだそうです


なんでも片岡社は


縁結びの神様としても有名らしく





源氏物語の作者である紫式部が


何度もお参りしたという


史実が残っているそうです


歴史上の人物の中で知っている人が


お参りに来ていたなんて


何だか驚きですよね





ちなみに


紫式部は和歌を詠んでいました



▲紫式部の和歌の歌碑


ほととぎす 声まつほどは 片岡の
もりのしづくに 立ちやぬれまし


「和歌の意味」
ホトトギス(将来の結婚相手の声)を
待ちわびる間、片岡社の木の下に立ち
朝露に濡れていましょう。


現代風に言えば・・・





って、いう事なんでしょうね


寄り道したあと、ようやく


先ほど紹介した楼門をくぐり


本殿へと通じている



▲高倉殿


もちろん


一般の参拝者が本殿に


行く事は出来ません


なので唯一、高倉殿から


上賀茂神社本殿や権殿が拝める


場所となっています


但し、中の撮影は





その為、かろうじて見える本殿を


写真で紹介する事は出来ません


本殿・権殿は国宝なのに


お見せ出来なくて





そんな高倉殿のすぐ脇にある



▲末社 岩本社


上賀茂神社には末社が


境内・境外あわせて


社もあるそうなのですが


そのうちの社です


海上安全守護の神と


されているそうなのですが


この小さな社には人の神様が


祀られているそうですよ


やっぱり何だか窮屈そう


そんな事を考えながら


上賀茂神社を後にし


次の目的地


下鴨神社に向かいました


今日の一言


『国宝を 紹介出来ず 残念だ


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
すごいペースで更新されていますね。

ところで、
今日の台風26号で被害はなかったですか?
通勤時間だったので、
電車はかなり乱れていたのではないですか。
もちろん人的被害はないとは思いますが、
通勤に時間がかかってたのではないですか?

前回に”う○ちに似てると”と言うのは、
みなりなさんが”う○ちに似てる”のではなくて、
あの画像で使用されていたキャラクターに似てるのでは?
と言う意味ですよ(笑)。

今日から寒くなってきましたので、
風邪には気を付けて下さい。
2013/10/16(Wed) 19:21 | URL  | moonrainbow #-[ 編集]
moonrainbowさんへ
前々から少しずつ書いていた記事を
予約投稿状態にして自動更新しております^^
最近バタバタしていてリアルタイムでの
更新が難しいので・・・(><)
皆さんのブログにもあまり遊びに行けなくて
本当に申し訳ないです・・・。
先日もPCが途中で落ちて今まで書いていた記事の
一部が全て消えてなくなってしまいましたしね(ToT)

関東地方は台風の影響をかなり受けたみたいですが
私は当日、公休日だったのでお昼近くまで
寝てました(笑)外には一歩も出なかったので
被害には遭わずに済みました(*^^)v

moonrainbowさんも風邪など引かないよう
ご自愛くださいね^^
2013/10/17(Thu) 10:45 | URL  | みなりな #sSHoJftA[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可