(No185) '12年9月 国内旅行3日目・その3
2012-10-07 (日) | 編集 |
What's up


日目、北野地区を散策していて感じたのですが


神戸は噂で聞いていた通り坂ばかりの街だなぁ・・・と思いました


天気が良く何よりでしたが、少し汗ばんでしまいました



▲トーマス坂


ところで・・・


前回のブログで、風見鶏の館と萌黄の館を紹介しましたが


とにかく時間が足らず


他の異人館は表から眺めて終わりました


と、いう事で・・・


さらっと外観だけ写真で紹介したいと思います



▲パラスティン邸


明治末に、ロシアの貿易商によって建てられたものだそうです


1階はカフェとして営業してましたが、中には入りませんでした



▲旧パナマ領事館


中に入ると、領事の執務室もそのまま残る


かつてのパナマ領事館だそうです



▲(手前)英国館 (真中)仏蘭西館 (奥)ベンの家


英国館は西部劇でもお馴染みのコロニアル様式の洋館で


中はバロック時代やビクトリア時代の家具や調度品などがある


ゴージャスな作りとなっているそうですよ


仏蘭西館は元々外国人向けのアパートだったそうで


2軒が左右対称に建つユニークな作りになっているそうなんです


最後にベンの家は英国の狩猟家ベンの旧邸で


彼が世界で射止めた猛獣、珍獣の剥製が展示されているそうです


他にもたくさん異人館はあったのですが


時間も無かったし、体力的にも疲れてしまったので


集合場所にゆっくり戻る事にしたのですが


途中・・・



▲スタバ 神戸北野異人館店


を発見


この神戸北野異人館店は、1907年(明治40年)に建築された


木造2階建ての住宅で、建築当初は米国人が所有していたものを


使っているそうなんです


2階へは・・・



▲赤絨毯


がひかれた階段をあがります


休憩がてら立ち寄ったのですが、当時の雰囲気を味わいながら


お茶させてもらいました


ちなみに神戸では自分用のお土産をゲット






▲神戸frantz(フランツ)


その中身は・・・



▲キャラメルレアチーズケーキ


このお店はTVや雑誌にもよく紹介されるので


関東でもかなり有名なチーズケーキなんです



▲濃厚なクリームチーズとクリームがたっぷり


滑らかな食感に


ちょっぴりほろ苦く香ばしいキャラメルソースがマッチして


一口食べる事に幸せな気分に浸れちゃいます


そうそう


神戸の街は島根や鳥取に比べると遥かに都会で


高いビルが並んでいるのを見て、何故かホッとさせられました


それにちょっぴり横浜にも似てて、とても洒落乙でした


ただ横浜に比べると規模がかなり小さいのは否めませんが


歩いて見て回れるし、西洋の雰囲気がまとまっているぶん


私は横浜より神戸の雰囲気の方が好きです


またいつかチャンスがあったら街並みをブラブラしたいと思います


それでは、今回の国内旅行記は以上になります


楽しんで頂けましたか


少しでも旅行気分を味わって頂けたら幸いです


ですが、あと


『番外編』にお付き合い下さいませ





今日の一言


『北野地区 情緒あふれる 異人館


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可