毎日のように驚かされる出来事を誰かに言いたくて(笑)
(No158) 台湾旅行記3日目・前編
2012年08月19日 (日) | 編集 |
你好(ニーハオ)


本日は台湾旅行記日目・前編をご紹介します


この日は朝早くにホテルを出発し


時間かけて台東に向かいました



▲台湾地図(参考資料)


台東に向かう途中、高雄で民芸品屋に立ち寄りましたが


ここでは特に収穫はなかったです


台東に着いてから、まず向かった先は


台東市の北方約65kmにある巨大な三つの岩か並ぶ観光名所



▲三仙台


に立ち寄りました


橋の先にあるつの山は、元々は火山岩からなる岬だったそうです。


それが海水の浸食を受けた影響で、先端が離れ小島となり


現在のようなつの山に見えるそうですよ


また伝説によれば人の仙人がこの地に滞在した際の痕跡が


この島の中央にあるつの巨岩のため


三仙台と言われているそうです


この日は前日と打って変わって、もの凄く良い天気でしたが


三仙台は風が強く、波も高いので





辺りに落ちている石はみんな角が取れて丸くなっています





駐車場スペースの前に、軽く休憩が出来る場所があったのですが


そこで原住民のアミ族の人達が民族衣装を着て歌っていました



▲アミ族


三仙台を後にした私達が次に向かった先は



▲八仙洞


この大きな洞窟に向かう途中、沢山の



▲観音菩薩


を横切りると



▲霊巌寺


に辿り着きます





自然に出来た洞窟の中に祠があったんですね


ちなみに・・・


八仙洞は約年前に発見された


台湾の遺跡の中で最も古い遺跡だそうです


私達は霊岩しか行きませんでしたが、他にも



▲10数ヶ所の洞窟


があるそうです。


洞窟内から旧石器時代の遺跡も発見されたり


2万年以上前に洞窟内から火を焚いた跡も発見されたりしている為


台湾の一級史跡に指定されているそうです


洞窟の壁面を見ると、沢山の



▲燕の巣


を見る事が出来るのですが、この燕の巣は食べれないそうです


洞窟の中、霊巌寺に入ってみると沢山の



▲お釈迦様達


と、ご対面


祭壇の裏側に入って行くと、更に別の



▲お釈迦様


とご対面


沢山いれば良いという訳ではないと思うのだけど


そう思うのは


私が日本人だからか、それとも信仰心が薄いからなのか


そういえば


タイに行った時も観音像やお釈迦様だらけだったな


バスに戻る道すがら思わず考えてしまった私ですが


ガイドさんの粋な計らいで予定にはなかった


北回帰線に寄りました



▲東海岸の「北回帰線記念碑」


北回帰線とは、位置は北緯23度27分で


夏至と冬至に太陽の真下となる地点を連ねた線の事だそうです



▲台湾地図2(参考資料)


夏至、冬至の日にこの線上に立つと、太陽が真上に来た時に


自分の影が消えてしまうという体験ができるそうです。


楽しそうなので1度はやってみたいですね





夏至の時に太陽は北回帰線に沿って東から西へ沈むので


塔のスリットの中を太陽が移動し


真昼に塔の上に太陽が来るようになっているそうです



▲下から見た記念碑



▲スリットの隙間から


北回帰線から見る景色も最高でした





ですが、リフレッシュ出来たのも束の間


北回帰線を出発した後


またもや約時間かけて今度は花蓮に向かいました


それでは、続きは明日



再見(ツアィ チェン)


今日の一言


『夏至の時 試してみたい 回帰線


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うおぉ~!!
行った気分になってますぅi-179
2012/08/20(Mon) 11:28 | URL  | ホテルマン #UoJDqtOY[ 編集]
ホテルマンさんへ
最高の褒め言葉!!あざ~すっ(*^^)v
ただ、現在月で一番大変な締め日に追われてます(><)
続きは少々お待ちをm(_ _)m
2012/08/21(Tue) 00:12 | URL  | みなりな #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可