(No1052) 卒業式
2017年06月16日 (金) | 編集 |
What's up


週間ぐらい前だろうか


私が卒業した大学で


卒業式が行われました





FACEBOOKのタイムラインに


その模様が流れて来て


自分の時のと重ねてしまい


ちょっと感慨深かったです





映画やドラマで観た事が


ある人も多いと思いますが


アメリカの多くの学校では



▲アカデミックドレス


と呼ばれる


ローブと角帽を被ります


中学ではローブが


ある所と無い所があり


私の時はありませんでした


高校と大学の卒業式では


もちろん着用しました


高校の時は明るいブルーで


大学では黒だったのですが


これも学校によって違います


余談ですが





角帽に付いている


タッセルには通常


卒業した年が入ります


また、垂らす方向も


決まっており


卒業前の学生時は顔の右側


卒業証書を授与されて


晴れて学士となってからは


左側に垂らします





ちなみに高校の


Year Book(卒業アルバム)は


義務教育だからか


強制参加ですが


大学は任意になります





その時に撮った


写真をカードにして


裏側にメッセージを書いて


お世話になった人に配ったり


友達と交換したりします





実際に私の作った


カードはコチラ








就職を意識して


髪をオレンジに近い


茶髪から黒に


戻したんですよね





話を戻しまして


私が住んでいた


南カリフォルニアは


多くの有名人を輩出しており


私の大学からも


世界的に有名な俳優、歌手


映画監督、宇宙飛行士


スポーツ選手など


数多く卒業しています





その為、毎年卒業式には


お祝いの言葉を述べに


有名人の卒業生が


誰かしら来るのですが


私の時も来ましたよ


祝辞を述べた後


私達卒業生と握手を


してくれました





私が卒業した大学は


本当に大きくて


大学院生も含めると


万人以上の学生が


卒業式に参加しました


日本の大学の卒業式を


知らないので


比べる事が出来ませんが


私の大学では


部制でした


部は午前中から


始まるのですが


特に席が決まっていないので


好きな席に適当座り


校長やら来賓の人やら


先程お伝えした有名人やらの


挨拶を延々と聞かされます





正直、退屈極まりないので


部には参加しない人も


結構います


私は有名人のスピーチだけ


聞いて後の時間は


両親や友人と後ろの方で


写真を撮ったり


キャンパスを案内したり


適当に過ごしていました





部が終わると


一旦休憩を挟み


部が始まります


卒業式は第部が


メインという事もあって


学部ごとに分かれるよう


指示されるので


両親や友人と別れ


決められた席に着いて


今度は学部長達のスピーチを


延々と聞かされます





それぞれのスピーチが終わると


成績上位名の


名前が呼ばれるのですが


残念ながら位の中には


入れませんでした





しかしながら


上位成績位以内には


入る事が出来たので


成績優秀者だけが貰える


メダルは頂けました






▲実際のメダルです





卒業するまで


サポートしてくれた


両親に対して私なりに


何とか意地を見せる事が


出来たと思います





最後は首席の人の


スピーチを聞いた後


Diploma(卒業証書)を貰って


卒業式は終了しました


そうそう


部では学部によって


参加人数もスピーチの長さも


異なる事から


卒業式が終わる時間が


学部によって違うのも


アメリカならでは


かもしれませんね





それから日本の方に


何故か必ず聞かれるのが


卒業式の最後に



▲ハットトス
(角帽を上に投げる行為)


をするのか毎回


質問されるのですが


やっている人を見た事も


聞いた事もなければ


自分自身もやった事は


今まで一度もありません


皆さん映画の見過ぎです


今日の一言


『懐かしい 卒業式を 思い出す


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト