毎日のように驚かされる出来事を誰かに言いたくて(笑)
(No1046) 下町散策 後編 ~浅草・合羽橋~
2017年05月14日 (日) | 編集 |
What's up


本日は


下町散策 前編の続きです


亀戸天神前から出ている


都バスに乗って


浅草へと向かいました


お昼頃だった事もあり


雷門から歩いてすぐの


場所にある


大正年、西暦


創業の老舗蕎麦店



▲並木藪蕎麦


に行って来ました


グルメ漫画の金字塔



▲美味しんぼ(参考資料)
単行本第2巻3話「そばツユの深み」


にも登場していたそうです





また、有名ガイドブックには


必ず載っているとの事で


私達が行った時も大勢の人が





ただ、蕎麦は回転が早いので


並んでから分程で


店内に通されました


店内及びメニューを撮ろうと


シャッターを切ると


お店の人が忙しそうに


動いているのが分かります








夜は分かりませんが


昼間のメニューは壁に


掛かっているので全部です






▲メニュー


オーソドックスにざるそばを


注文しようか悩んだのですが





私は結局



▲山かけ


冷たいおそばの上に


とろろがタップリと


かかっていました





コシもしっかり感じられて


と言う間に


平らげてしまいました


そして母親が注文したのは



▲玉子とじ


温かいお蕎麦という事もあって


香り高さが魅力的でした


お蕎麦の香りとツユの


香りが混ざり合い


そこにフワフワの玉子が


絶妙の味わいで山かけに


負けず劣らず





お腹を満たした後は


ノンビリ散歩がてら合羽橋まで


歩いて行きました


包丁店に向かう途中


母親に


本当に包丁なんかでいいの


他に欲しいものないの


と、確認をすると


途中通った金物屋さんで


大根おろしが





と、言い出したので


購入しました






▲銅製大根おろし


ところで


大根おろしなんて


どの家庭にも一つ二つは


あると思いますが


今回購入した大根おろしは





円もする


代物


支払った私が一番


驚いたと思います





大根おろしに違いが


あるのかと言うと


イイやつは水も出ないし


歯触りも全然違うそうです


それなのに母親が


勿体無いという理由で


未だ開封せず戸棚の


奥底に閉まっている為


その違いは今も


確認出来ていません





話を戻しまして


メインとなるお店



▲包丁専門店 つば屋


このお店は


みなりな家御用達なんです


昨年アメリカから遊びに来ていた


親友の母親が包丁を購入したい


と、言った時もコチラで


包丁を買ってプレゼントしたら


喜んでもらえました





という事で母親が


選んだのはコチラ






▲三徳包丁


しかも両利き用


私の母親は両利きなので





お値段は約万円


少々お値段は張りましたが


普段の感謝の気持ちを込めて


奮発しちゃいました





包丁を買った帰り道


母親が突然


焼肉食べたいと言うので


父親に連絡をし


そのまま家族で焼肉を


食べに行きました


もちろん


焼肉代も私の奢りです





母親にも本当に喜ばれ


私も嬉しかったです





今日の一言


『うちの母 買っても仕舞う 貧乏性


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト