(No708) 歌舞伎その3
2015年03月31日 (火) | 編集 |
What's up


本日は歌舞伎 その2の続きです


今回も色々お土産を





まず紹介したいのはコチラ






▲坂田金平 ごぼう煎


先日紹介した為朝 玉ねぎ煎


同じシリーズです


ちなみに・・・


パッケージのイラストの坂田金平は


あの、まさかり担いだ



▲金太郎


の息子さんなんですって





パッと見は普通のおかきですが


国産のごぼうを丸ごと生地に


練りこんであるそうで意外と





次に紹介したいのはコチラ






▲中村藤吉シリーズ


何故か分からないのですが


お土産屋さんの中で





フェアーをやっておりまして


京都で有名な中村藤吉の


抹茶飴、ほうじ茶飴、ほうじ茶チョコを





しちゃいました





以前、中村藤吉本店に訪れた際


お土産に買って食べてみたら


美味しかったのですが東京で


手に入るとは思わなかったので


嬉しかったです


最後に紹介したいのはコチラ






▲歌舞伎フェイスパック


流行っているのは知っていたので


買わずにはいられませんでした





早速白いパッケージの方を


開けてみると中は



▲解説書


歌舞伎や隈取について


色々記載してありました


読んでみると興味深かったです





何種類もある隈取の中から


パックになったのはこの








右側の赤いパックは


「しばらく~」の掛け声と共に登場し


超人的な力で人々を悪人から


救い出すヒーローの役柄の



▲鎌倉権五郎景政の隈取


右側の青いパックは


壇ノ浦で滅ぼされた平家一門の


恨みを晴らそうと


源の義経と弁慶が乗る船に


襲い掛かる



▲平知盛の霊の隈取


なんだそうですよ





もう一つの赤いパッケージの方を


開けてみると中は同じく



▲解説書


ただ、こちらは主に縁起物用に


作れたパックらしく「寿」と書いてあり


説明もそれにちなんだものでした





そんな縁起物の隈取の中から


パックになったのはこの








左側の赤いパッケージの方は


五穀豊穣を祈る日本古来の


伝統芸能の三番叟を


糸操りの趣向で演じる楽しい舞踊の



▲戯れ隈


よく見ると一富士二鷹三茄子が


顔にあしらわれておりました


確かにおめでたいですね





右側の白いパッケージの方は


父の仇・工藤祐経を打つ


曽我十郎・五郎の演目で


様式美に溢れ、めでたい演目として


上演されている



▲曽我五郎のむきみ隈


という事で・・・


皆さん心の準備はいいですか


さっそく使ってみました











お土産として渡した


友人人と友人のお母さんまでもが


装着後に写メを送ってきてくれたので


一緒にアップしちゃいました





もちろん私も写っています


なかなか似合うでしょう


皆さんもお土産を買う時の


参考にしてみて下さいね





今日の一言


『隈取りの フェイスパックで 皆披露


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト