(No152) 台湾便り
2012年08月11日 (土) | 編集 |
what's up? (^-^)/




▲台湾の空



3日目にして


ようやくWi-Fiが繋がったので…f(^^;


うまくup出来るといいな(*^^*)



今日の一言


『台湾も 空がとっても キレイです




それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
スポンサーサイト
 (No153) 台湾便り 2
2012年08月12日 (日) | 編集 |
What's up



▲九フン


ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルのお茶屋です(^-^)


今夜はこのお茶屋を眺めながら食事しました(^o^)v


今日の一言


『味がある 映画の世界で 舌鼓


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★
 (No154) 台湾旅行記1日目
2012年08月15日 (水) | 編集 |
What's up





無事に台湾から戻って参りました


早速ですが・・・


台湾旅行記を数日間に渡ってしたいと思います


羽田から台湾に向かったのですが


今回お世話になった航空会社が


全てにおいてキティちゃん尽くし



▲私達が乗る飛行機も



▲エアチケットも



▲機内も



▲ピローも



▲出てきた食事も


全てキティちゃん


写真には写っておりませんが


備え付けのトイレットペーパーまでもがキティちゃんでした





私のポリシーとしては


『可愛いよりもカッコ良くありたい


ので・・・


キティちゃんに囲まれていると居心地悪いやら恥ずかしいやら


ようやく慣れてきた頃には台湾に到着


でもホッとしたのも束の間で


今度は台北から時間かけてバスで台中に移動しました


目的地の台中には夕方の時半頃に到着


途中、夕飯を食べて今夜は寝るだけだったのですが


それじゃ勿体無いと思い


近くのショッピングセンターに買い物に行きました


そして戦利品はコチラの






▲台湾ポポロン



▲パイナップルケーキ


ばら蒔き菓子かなり安くゲット


我ながら買い物上手だなぁ・・・と


思ったのは言うまでもありません


ところで、私の名字はいわゆる珍名さんなのですが…





同じツアーの中に、同姓の方がいらっしゃったんです


お互いに




って、感じで向こうも凄く驚いていました


こんな偶然は初めてで何だか不思議な感じでした


それでは、本日はここまで



再見(ツアィ チェン)


今日の一言


『1日目 同姓さんと こんにちは


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★


 (No155) 台湾旅行記2日目・前編
2012年08月16日 (木) | 編集 |
What's up


本日は台湾旅行記日目・前編をご紹介します


午前中は台中を観光しました



▲台湾地図(参考資料)


始めに向かった先は、日月潭(にちげつたん)だったのですが


その途中、バスの中から



▲達磨大使


を素通りしましたよ


こんな風に



▲山の中


に潜んでいました


目的地の日月潭ですが



▲日月潭の目印の石碑


台湾で最も大きな湖の事を指します。


湖の北側が太陽(日)の形


南側が月の形をしている事からこう呼ばれているそうです。


日月潭湖畔観光のハイライトスポットの


文武廟(ぶんぶびょう)にも行ってきました



▲文武廟の廟門


門を潜ると正面には



▲前殿


左右には



▲獅子の石像


高さmもあるそうですよ


獅子の石像の横にある下写真の人物は誰でしょう



▲分かるかな?


ちなみに・・・


文武廟とは、前殿・中殿・後殿の三殿様式になっており


前殿(文廟)には文の神である孔子が


中殿(武廟)には武の神である関羽と岳飛が祀られています



▲前殿から見た廟門と日月潭湖畔



▲麒麟の像



▲開基元祖および文昌帝君を祀っている祭壇


前殿(文廟)と中殿(武廟)の間に



▲九頭の龍の彫刻(後ろの建物が中殿)


があるのですが、


この龍の彫刻の真中に黄金の玉があるのが分かりますか


この黄金の玉は地球を表しているそうで


地球は九頭の龍によって支えられているそうですよ。


中殿内に入ると正面に



▲岳飛(左)と武将関羽(右)


が、祀られていました





そして天井を見ると・・・



▲おびただしい金色の仏像が飾られた天井





一体、一体、顔も立ち姿も違うんです


中殿を見学した後は



▲後殿


に移動したのですが、途中の



▲銅を使って作製された壁画


も見事でしたよ


後殿の中には



▲孔子


が祀られていましたが


岳飛と武将関羽がいた部屋に比べると


何だか質素な感じがするのは私だけでしょうか


一通り前殿・中殿・後殿の見学が終わり、最後に屋上に向かうのですが


この建物の外側は立派なレリーフが全面に施されていました





そして、下の写真に写っている


両脇の壺の様なものに願い事を考えながらコインを投げ


うまく壺の中に入れば願いが叶うそうですよ






▲屋上から見る日月潭の景色


は、またキレイでした


遠くに見えていた塔ですが



▲慈恩塔


と、呼ばれるもので


故蒋介石総統が母親に対する慈恩の思いを込めて設立したもので


高さは45mもあるそうです。


ふと、屋根を見下ろすと



▲魔除けの屋根飾り


が、一杯で四方八方にありました。


沖縄のシーサーみたいなモノだそうです


日月潭と文武廟を満喫した後


今度は嘉義市内に移動しました


それでは、続きは明日



再見(ツアィ チェン)


今日の一言


『驚いた 達磨大使の 大きさに


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★


 (No156) 台湾旅行記2日目・中編
2012年08月17日 (金) | 編集 |
What's up


本日は台湾旅行記日目・中編をご紹介します


台中を後にした私達は


時間ほどバスを走らせ嘉義に向かいました



▲台湾地図(参考資料)


着いた先は



▲呉鳳廟(ごびょうびょう)


呉鳳廟は約200年ほど前、自分の首と引き換えに阿里山の


高山民族が首狩りをする悪習を改めさせたという


英雄呉鳳を祀っています



▲正殿の前



▲英雄の呉鳳



▲呉鳳と首狩り族の銅像



▲呉鳳と首狩り族の様子を描いた絵



▲首狩りの際に使われた実際の道具


呉鳳廟自体は小さい資料館みたいなもので


15分もあれば見終わってしまう小さな場所でしたが


ここは主に中国福建の南方式の


伝統の建物と庭をもとに設計したものらしく


台湾で見られる建物とは少し違っていて楽しかったです


呉鳳廟を見学した後は約時間ほどバスを走らせ


台南に向かいました


向かった先は



▲赤嵌楼(せっかんろう)


もとは台湾南部を占領していた


オランダ人によって建てられた城でしたが


鄭成功がオランダ人を駆逐した後


承天府という名に変わり政治の中心となったそうです



▲敷地内の案内図


その後、1862年には地震により建物は全壊したので


今建っている建物は承天府の時代の物ではないそうです



▲亀の上に乗った碑


この碑は1788年に書かれたものらしく


かなり薄れており、殆ど読めない状態です


庭には写真下の



▲鄭成功とオランダ兵の銅像



▲海神廟


の階段を上り館内に入ると正面に



▲鄭成功の肖像


外の光が反射してしまい御免なさい


建物を抜けるとオランダ人が掘った



▲井戸


があります。


この井戸の口は半円形で、地元の人は「紅毛井」と呼ぶそうです。


伝説では底に安平の古城に通じる通路があり


オランダ人の緊急避難用だったと言われています


そして驚く事に極一部ですが承天府よりも前に建てられた



▲オランダ時代の城壁


が残っている箇所がありました


凄いですねぇ


ところで・・・





屋根のデザインは台中で見学した文武廟とは


まだ全然違いますね


そして赤嵌楼を満喫した後、またまた移動しました


今度は高雄に向かいます


それでは、続きは明日の後編に続きます



再見(ツアィ チェン)


今日の一言


『屋根飾り 時代によって 移り行く


それぞれのバナーを
ポチっとクリック宜しくお願いします!(≧▽≦)o


人気ブログランキング にほんブログ村

★クリックするとランキングに反映される仕組みですm(_ _)m★